10万円を借りたい!今すぐお金を借りるなら

10万円だけどうしても借りたい!今すぐ借りるならキャッシング!

財布からっぽ

10万円だけお金借りたい!

普段の暮らしは収入の中で何とかやりくりをしているけれど、いざというときのお金まできちんと準備できている、貯金しているという人はなかなかいないものです。

もちろん貯金の達人のような人はいますが、なかなかそのようにはなれないものです。

結婚式の招待が何組も相次いで、どうしても貯金なければお金が足りない。

田舎の親戚の葬儀にどうしても参列しなければならない。香典代と田舎へ帰る交通費が足りない。

彼女と旅行を計画していたけれど、その前にいろんなトラブルがあって、どうしても思うように旅行費用を貯めることができなかった。

毎日通勤に使っている車が故障して、どうしてもすぐに修理しなければならないけれど、修理代のお金がない。

日々の暮らしの中で、どうしてもまとまったお金が必要になってしまう場面は本当に数多くあることがわかるでしょう。

10万円あれば足りるけれど、10万円というのはかなりまとまった金額でもあります。

親や家族はもちろん、友人から借りるというのも気が引けると思います。

そんな時に頼れるのは、やはり銀行や消費者金融のカードローンです。

暮らしの中で不足したお金をすぐに用意するという点では、一番便利で心強い存在ではないでしょうか。

もちろん利息が発生するというデメリットはありますが、消費者金融系のカードローンでも利息は最大で年利18%ほどです。

10万円を借りて1ヶ月で返済すれば、年利18%でも利息の支払いは1500円程度で済みます。

10万円を借りても1ヶ月の利息が1500円程度であれば、少しまとまったお金が必要になった時に、どうしても足りなかった分を補うお金として、カードローンを活用するというのは非常に賢い方法です。

お金を借りるということに抵抗を感じる方もいると思いますが、賢く計画的に利用すれば本当にいざという時には強い味方になってくれます。

10万円をその日のうちに借りることはできるのか?!

10万円を手にする

10万円というと、それなりに大金です。

いくら銀行や消費者金融がお金を貸すのが仕事とはいえ、誰でも借りられるものではありません。

まずは借入の申込みをすること。

お金を借りるわけですから、住所や生年月日はもちろん、勤め先の連絡先まで、 申込みフォームに記入する欄は多いです。

落ち着いて正確にきちんと入力していくことが大切です。

当たり前に思えることですが、急にお金が必要だという状況に焦ってしまって、字を間違えたり記入すべき欄を間違えたりなど、入力フォームの記載ミスは実際にかなり多いのだそうです。

それから審査に通ることが必要です。

審査基準は銀行や消費者金融各社によって異なりますが、毎月一定の収入があり、これまでにカードローンはもちろん、クレジットカードや携帯料金の支払いに未納や延滞などがない限り、多くの方は審査に通ることができると思います。

その上で10万円、借りられるか。

10万円借りるためには、最初の借入限度額が10万円以上になっている必要があります。

銀行のカードローンであれば、比較的限度額を多く取ってもらえることが多いです。

消費者金融の場合は、借入総額が年収の3分の1までに制限されているので、パートやアルバイトで収入が少ない場合は、借入限度額が10万円に満たない場合も出てきます。

しかし、普通に毎月暮らしていけるだけの収入がある方であれば、10万円の限度額はそれほど高いハードルではありません。

ここまではどの銀行のカードローンや消費者金融で借り入れを申し込んでも、同じ手続きを踏むことになります。

その上で、申込みや審査結果の開示、そして実際に10万円を手にするまでにどれぐらい時間がかかるのか。

銀行のカードローンでは審査に時間がかかる場合もあり、その日のうちに10万円を借りることが難しい場合もあります。

しかし消費者金融であれば、平日なら午後2時50分までに申込みや審査、借り入れの手続きが完了すれば、その日のうちに自分の銀行口座へ振込による融資を行ってもらえます。

あなたが普段利用している銀行口座によっては、午後3時を過ぎてもその日のうちに自分の口座へ入金してもらえる場合もあります。

銀行のキャッシュカードを持ち歩いていない方であれば、近くの無人契約機を探して、無人契約機で契約を完了して10万円を引き出すことになります。

無人契約機であれば、消費者金融各社とも午後8時頃までお金を借りることができます。

10万円をその日のうちに借りるということであれば、銀行のカードローンよりも消費者金融の方が借り入れまでのスピードという点で優れています。

どうしても急ぎの場合は消費者金融で、今日中ではなく、明日明後日までに10万円借りたいということであれば、消費者金融よりも低金利の銀行カードローンで借りるのがおすすめです。


このページの先頭へ